自宅で物撮りに挑戦!

色温度

色に温度って何?

色温度は車好きな人がヘッドライトの色味の話してるときなんかに自然とその話してます。8000kとか4000kとか。kってのは色温度を表すときの単位(ケルビン)です。『色なのに温度って?』それはそうゆうモンだという解釈でいいです。んでこの数値が大きくなるほど青い光を発します。逆に小さくなれば黄赤っぽい光に近づいていきます。
でも少しだけ説明しておくと、黒体を熱した時に放つ光の色が温度によって変化していくんですが低い温度だと赤みを帯びた光、高い温度だと青みを帯びた光になるんですね。例えばろうそくの黄色い炎とバーナーの青い炎では温度を計るとバーナーの方が高いんです。だから色温度か。少しは説明できましたね。
まぁそれ以上の話は私もわからないし面倒でもあるんで割愛させてもらってなんとなく知っておいてください。ただカメラ触るには重要なんで無知では困りますけどぉ。
色温度

自然光もおんなじ

一日のなかで降り注ぐ太陽の光も朝から夕方までこの色温度が刻々と変わっていきます。朝は朝焼けしますから3〜4000kになり午前中は5000kくらい、昼に5500〜6500kでまた夕方に向かって色温度が低くなり赤くなっていく。これは一般的なケースで季節や天候によってもかなり左右されます。カメラのホワイトバランス設定に晴天とか曇天とかありますが、それは『その状況に合わせてくれればなるべく近い色で撮影してあげるよ』っていう設定なんですね。ほとんどの方はオートでしょうがこれを機に積極的にいじってみてください。意図的に変更して作品に個性をだすというやり方もありますから。というわけで色温度とホワイトバランスは密接な関係、てか言い方が違うだけでホワイトバランスをとることは色温度を適切に調整することです。一緒に覚えて活用しましょう。

 

関連ページ

ホワイトバランス
ホワイトバランスの必要性、設定の仕方を説明しています。
マイクロフォーサーズm4/3
マイクロフォーサーズm4/3とはなんぞや?その説明をしています。

top about profile link contact