自宅で物撮りに挑戦!

ホワイトバランス

ホワイトバランス知ってる?

一眼持ってたりするとよく聞く言葉だと思いますが『あれでしょ?画面の色変えるやつ』ってなかんじで理解してない方もなかにはいると思います。
『ホワイトバランスをとる』ことは『白いものを白い』とカメラに認識させることです。
へ?白は白でしょ?と聞こえてきそうですが。
そこで今回はホワイトバランスとはなんぞやというテーマで一筆。

人は反射した光を見ている

光は電磁波の一種で短波長から長波長を含んでまして一番よく聞く短波長は紫外線。逆は赤外線じゃあないでしょうか?それ以上も以下もありますが。そしてその間に人の目が感じることのできる可視光線(虹の七色)てのがあるんですね。虹は集まった光が分光されているので目に見えるんです。されてなければ見えません。その可視光線が物体に当たり、例えば青の波長だけ反射すると人間の目には青と認識されるわけです。
しかしその波長のバランスが変わると光に色がでてきます。長波長を強めると電球色の光になり、青い物体もその光の影響を受けて赤寄りの青色に見えます。一日の中で朝と夕方にいろんなものが赤みがかって見えるのは地球と太陽の距離に関係するんですがそういったことが自然に起こっているためです。
可視光線説明図

カメラに光の色(温度)を認識させる

一応どのカメラにもオートホワイトバランスが備わっていますし、太陽光や曇天などの設定項目はありますがあくまでも大体合わせますよって感じです。なので正確な色再現が必要となる物撮りは極力見たままの色に近づけないといけないため、今から使用しようとする光源の色をグレーカード(後で説明しますが)を使って認識させるわけです。そうすることによってカメラは『白いものは白く』撮影できます。

曇天 日陰 晴天
電球 フラッシュ 蛍光灯
オート マニュアル

全てモノブロックの光で設定を変えて撮ったものです。
モノブロックの光の色温度が晴天時の色温度に近いため、結果はオートか晴天の設定がマニュアルに一番近い結果となりましたが背景の色を実際のものと比べるとやはりグレーカードを使用したマニュアル設定が一番近いですね。

反射率18%のグレーカード

マニュアルでホワイトバランスをとるとき一番簡単なのはその辺にある白い紙を使う方法ですね。しかし、白といってもその辺のものでは黄味の白や青味の白などバラつきがあります。どうせマニュアル設定するならもっと正確に合わせたいので先ほど言った反射率18%のグレーカードというやつを使います。
カメラ内ではこの18%グレーの反射率を基準に明るい暗いを判断します。グレーの濃さが18%ではなくグレーカードに当たった光の反射率が18%です。しかも無彩色でどの色にも偏ってはいけないため専用のものを使います。有名なのは銀一のシルクグレーカードですね。
これを被写体の位置に置き正面に向けてセットしてください。あとはカメラの支持にしたがってパシャ!当然ストロボは焚いてください。これであなたのカメラは白を知ることができました。おわり。
グレーカード

関連ページ

色温度
光の色、色温度について説明しています。
マイクロフォーサーズm4/3
マイクロフォーサーズm4/3とはなんぞや?その説明をしています。

top about profile link contact