自宅で物撮りに挑戦!

olympus E-P5・17mm F1.8レンズキット

e-p5 e-p5

私のメインカメラです。
ここ数年定着してきたミラーレス。 何がいいかってとにかく携帯性の良さと低価格( ゚Д゚)ウヒョー
それでいて最近はAPS-Cとは差がないくらいの高感度耐性やらAFスピードやら。
ことEP-5に関しては発売当初敵ナシでしたね。まさにPENのフラッグシップ。
ちなみにカメラ上についてるVF-4の代わりにモノブロック用の無線トリガー EL-Skyportが付くわけです。

 

 

AFスピードの速さ

私前モデルのEP-3も持ってますが、爆速って言えるほど速いです。とにかく迷わない。とてもコントラストAFとは思えないですね。

 

高感度耐性

イメージセンサーはE-M5と同様の有効1605万画素。感度設定もISO100〜25600と前モデルはISO200〜ISO12800なので上下1段ずつ広がってます。
一般的にセンサーサイズが小さければ小さいほど高感度に弱いといいますがそれを補う技術力でISO1600までなら常用、使い方によってはISO3200までイケます。lightroomなんかのRAW現像ソフトで処理するならISO3200をISO400位の質で吐き出し可能でしょう。

 

 

操作性の向上

前モデルのE-P3の操作性は悪くはないものの、とてもいいとはいえませんでした。E-P5ではそこをがっつりテコ入れして、メインダイヤルとサブダイヤルの二つと切替レバーで絞り・シャッタースピード・ISO感度・ホワイトバランスを直感的に操作できるようになりました。さらにカスタム設定でいつくかのボタンに機能を割り当てることができ、自分好みの設定を保持することができます。

 

        

モード

切替レバー1

切替レバー2

メインダイヤル

サブダイヤル

メインダイヤル

サブダイヤル

P

プログラムシフト

露出補正

ホワイトバランス

ISO

A

絞り値

露出補正

ホワイトバランス

ISO

S

シャッタースピード

露出補正

ホワイトバランス

ISO

M

シャッタースピード

絞り値

ホワイトバランス

ISO

 

 

MFアシスト

これはE-P3にも付いてますが、フォーカスをMF設定にしているときにフォーカスリングを回すと、拡大表示してくれてまさにピント合わせをアシストしてくれます。物撮りやってますとこれがなかなか快適でしてマクロ撮影時なんかピントがシビアなときはなおさらです。

MFアシスト MFアシスト

 

 

1/8000秒 メカニカルシャッター搭載

ミラーレスで初めて1/8000秒の高速メカニカルシャッターを搭載しました。これによってF1.8という明るい単焦点レンズを日中の強い日差しで思う存分背景ぼかした開放撮影ができるわけですイェ━━━━━ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ━━━━━━イ!!

 

秒間9コマの高速連射

HDRerでもある私にはこの部分は非常に魅力的。
手持ちでマルチshotできるので気軽にHDRsauceが確保できるわけですがハードディスクが悲鳴をあげます。キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

5軸手振れ補正

こいつがすげぇ!
E-M5と同じ最大4段分の手振れ補正効果により危機的状況を何度も救われてきた。感謝!
さらに一般的にボディ内手振れ補正はシャッターを切ったとき瞬間的に補正がかかるので液晶で補正がかかった状態を確認することができませんでしたが、今回のモデルチェンジでシャッターボタン半押しで他社のレンズ内手振れ補正と同様に液晶で補正具合を確認することができます。吸い付くように止まって感激!

 

Wi-Fi内臓

あらかじめスマホにアプリ「OLYMPUS Image Share」をインストールし、カメラに表示されるQRコードをスマホに読み込ませることによって簡単に接続できます。
これによって写真をスマホに転送、スマホによるワイヤレスAFシャッターなんか使えます。(ただし、撮影モードはiAUTOのみですが)

 

チルト機構搭載

現モデルから採用され下向きに50度、上向きに80度傾けらるので、high/lowアングル時に便利。EVFの設定ないカメラはどれも必須だと思うんですがサイズがでかくなることを懸念してエントリーモデルなんかは採用しないことが多いです。しかしE-P5は全モデルと比べても厚みがほとんど変わりません。よくやった!

チルト チルト

 

 

新型EVF(液晶ファインダー) VF-4

VF-3からブラッシュアップされてかなり使いやすい仕様です。
アイセンサー内臓で覗くとファインダー表示に、離すと背面液晶表示に切り替わります。が、背面液晶が上下どちらでもチルト状態だと『おめ、背面使ってんだから覗く必要ねぇだろ』とファインダー覗いても無視されます。さらにVF-4装着時は液晶を上向きにして撮影しようとすると液晶にVF-4が一部被って見にくい。次回コレ改善点ね。てかOM-Dみたいにファインダー組み込め。

VF-4 VF-4

 

 

VF-3

VF-4

ファインダー倍率

1.0倍

1.48倍

液晶解像度

92万ドット

236万ドット

視野率

100%

100%

 

 

販売構成

以下のようになってまして、VF-4(液晶ファインダー)が欲しければレンズセットを買わないと付いてきません。単体で買うと定価で¥26800もしますのでレンズセットで買うのが賢明ですね。BCL-1580はキャップレンズですので一応撮れるみたいですがキャップの意味合いのほうが強いと思います。
プレミアムモデルはグリップが天然木仕様になってるだけです。

スタンダード olympusオンライン価格
E-P5 ボディ(BCL-1580セット) ¥99800
E-P5 ボディ 14-42mmレンズキット VF-4付き ¥119800
E-P5 ボディ 17mm F1.8レンズキット VF-4付き ¥139800
プレミアムモデル olympusオンライン価格
E-P5 ボディ(BCL-1580セット) ¥105800
E-P5 ボディ 14-42mmレンズキット VF-4付き ¥125800
E-P5 ボディ 17mm F1.8レンズキット VF-4付き ¥145800

 

よろしければ参考にしてください


top about profile link contact